SIMPL & Smart City

SIMPL & Smart City とは?

SIMPL & Smart City とは、ベイシスコンサルティングが注力する、効果的な社会インフラ管理と防災・減災への取り組みの総称です。

ベイシスコンサルティングでは、これまで、様々な社会インフラの管理に関する研究やシステム化を進め、業務改革(DX)を推進してきました。昨今、発生する災害件数が増えてきており、社会インフラ管理においても、防災・減災の重要度は飛躍的に高くなっています。そこで、ベイシスコンサルティングの社会インフラ管理に関する技術やナレッジを中核にして、防災・減災に活用できる仕組みの実現を目指す、これが、ベイシスコンサルティンングの SIMPL & Smart City の取り組みです。

SIMPL 社会インフラ管理プラットフォーム

SIMPL社会インフラ管理プラットフォーム(以下 SIMPL)は、クラウドベースのサーバーレスのアーキテクチャーから生まれた、成長するプラットフォームです。SIMPLを使用すると、社会インフラの施設や様々な設備の情報を有機的に統合して管理することができます。核となるデータベースには非構造型のデータベースを使用し、様々なデータを容易に登録・管理する仕組みを提供、厳選されたUI機能により、シンプルでかつ効率的に業務を支援、データのフル活用のためにデータの自由分析が可能な分析機能が組み込まれています。

SIMPLは、それ自身で、橋梁、トンネル、法面、シェッド、舗装、河川、街灯、標識 など、様々な社会インフラのデータを効率的に管理し業務の改善につなげることができますが、それだけではなく、蓄積されたデータを自由分析で活用できたり、柔軟に他のシステムとデータ連携をしたりすることができるため、「プラットフォーム」として位置付けています。

SIMPLが生まれた経緯

SIMPLが支援する業務

SIMPLのプラットフォーム利用

SIMPL社会インフラプラットフォームの詳細はこちら >

 

Smart City – 社会インフラ管理から始まる防災・減災の取り組み

ベイシスコンサルティングでは、社会インフラ管理の技術を防災・減災につなげる仕組みの研究を実施しています。防災対策室での判断の効率化のためにデータを集約することの効果を確認したり、データの統合がもたらす価値の評価を実施したり、また、土木管理事務所等に配置されたドローンを活用したりと、様々な視点での評価を継続し、住み続けられる都市の実現を目指して活動しています。

社会インフラ管理を 防災・減災に応用する

社会インフラデータと防災関連データの結合例

社会インフラ管理と防災・減災への取り組み支援

社会インフラ管理と防災・減災への取り組みにおいて、ベイシスコンサルティングは、業務改革のためのシステム実装や評価のコンサルティング、共同研究、技術アドバイス等を実施しています。お気軽にご相談ください。

 

 

TOP